プロフィール

W.C.カラス スターパインズカフェ

W.C.カラス blues singer songwriter


1964.5.21.
富山県小矢部市生まれ。高岡市在住。
ふたご座 o型

 

木こり(樵)を生業としている。
2013年3月 48歳で録音した初めてのアルバム『W.C.カラス』をリリースすると、ブルース界の革命児として大きな話題を呼ぶ。

 

ブルースを基本にしつつも、その音楽にはパンク、フォークソング、ニューオーリンズ音楽、文学、映画など幅広いエッセンスが感じられる。ブルースを引っ提げ、ジャンルを超えて交われる数少ないシンガーである。

ソロのほか、WILD CHILLUN、W.C.カラス&ウッドカッターズ等のバンドでも定期的に活動。

 

★W.C.カラスの由来★
髪も肌も黒いところから“カラス”と呼ばれてきました。
W.C.は、ハーモニカ・プレイヤーWild Child Butlerから拝借。
高田渡氏の「歌は排せつ物のようなもんだ」という発言に寄るところもある。
ワイルド・チャイルド・カラスです。

好きなミュージシャン

クラッシュ、ドアーズ、ミ―タ―ズ、ジョニー・アダムス、ボニー・レイット、多くのブルーズ・シンガー。多くのロックンロールバンド。

 

影響を受けたもの

パンク、ブルーズ、珍奇、グールド、文学、ゴキ、寅さん、ボクシング、環境。

 


<略歴>


jumpin'正吉とカラス、ブルーストレイン、アパッチ、BBQbrothers、point を経て、
2003年ごろより独りで歌うようになる。

 

1986年 ブルーストレインとして全日本ブルースハープバンド選手権で優勝
2013年3月 48歳にして初めてのアルバムをクニタチ☆レコーズより発表する。
      9月18日 Pヴァイン・レコードよりデビュー
2014年 きこりとして働きながら、年間99本あまりのライブを全国で敢行
2015年4月  FMとなみ、中央FMでラジオ番組スタート
      6月12日W.C.カラス&WOOD CUTTERS(岡地曙裕、井上JUJU博之、江口弘史、
      高円寺JIROKICHIにてライブデビュー
 
2015年8月26日セカンドアルバム『うどん屋で泣いた』リリース 
   参加ミュージシャン モアリズム、梅津和時、Kotez、LEE、モミー、白澤GB淳、ズクナシ
2015年12月23日 3作目ミニアルバム『信じるものなどありゃしない』リリース(女優・室井滋とのコラボ)
2016年1月 KNBテレビでドキュメンタリー番組放送

2016年7月 NHK東海北陸7県「日曜TUBE」で「ブルース!富山」と題したドキュメンタリーが放送される

2016年9月 富山市フォルツァ総曲輪で「BLUES TIME」と題したワンマンコンサートを開催。SOLD OUTとなる。

 

<問い合わせ先> 
w.c.karasu%gmail.com
(%を@に変えて送信してください)

*この記事の一部は、wikipediaに投稿されています

メールください

遠方でも悦んで飛んでいきます!気軽に声をかけてください。ライヴの感想なども歓迎です。問い合わせフォームからどうぞ。

またはw.c.karasu%gmail.com
(%を@に変えて送信してください)

W.C.カラスの
駄々漏れBlues アワー


2016年4月から

毎週放送! 


FMとなみ 火曜19:30(土曜14:00、日曜21:00)


中央エフエム  木曜21:00 (土曜20:00)


富山City-FM  月曜12:00 (再・日曜11:30)

ラジオミュー 土曜21:30

 

Twitter

Facebook