We are Wild Chillun(ワイルドチルン)

member

W.C.カラス(vo./g.) W.C.karasu

 1964年富山生まれ https://wckarasu.com

Chihana (vo./g.)   Chihana

 1988年東京生まれ http://www.chihana.org/

岡本雅彦( b.)     Masahiko Okamoto

 1963年山口生まれ ex.アンジー  
 https://twitter.com/okayan0909

宮坂哲生 (dr.)       Tetsuo Miyasaka

 1968年長野生まれ ex.夜のストレンジャーズ 
  
http://www.yorust.info/

 


WILD CHILLUNはW.C.カラスのパーマネントバンドとして2017年に結成。
以前よりツアーを共にすることも多い盟友Chihanaに加え、岡本雅彦(ex.アンジー)、宮坂哲生(夜のストレンジャーズ)を迎え入れた。通称“ワイチル”。

Rock & Roll Fantasy

WILD CHILLUN

 2019年4月24日 On Sale!

(Pヴァイン PCD-27040 ) ¥2,700+税

1.Rock & Roll Fantasy      曲詞 W.C.カラス
2.獄つなぎのアニマル  曲詞 W.C.カラス
3.Miles Away   曲詞 Chihana
4.   What Is Heaven?     曲詞 W.C.カラス
5.不眠の犬  曲詞 W.C.カラス
6.ビターな気分で踊ろうぜ  曲詞 W.C.カラス
7.Asphalt      曲詞 ゴキ
8.逆説のBlues    曲詞 W.C.カラス
9.今日も何とか切り抜けられた  曲詞 W.C.カラス
10.Marvelous         曲詞 Chihana

All songs arranged by Cathy Wilson
Producer   Cathy Wilson
Engineer   Keisuke Kamata
Assistant Engineer  Hiromu Yasumoto
Studio    studio SUNSHINE


Rock & Roll Fantasy PV公開中

Check it Out!

コメント続々! ありがとうございます!

■ブルース、スワンプ、ロックンロール、カントリーetc ワイルドチルンを説明するときに必要な言葉だろうけど、この1stアルバムの世界は言葉を忘れさせジャンルを飛び越える。

【花田裕之】
-------------------------------------------------------------
■青臭いパッションと熟れたエロティシズム。噴き上がる激情とたゆたう叙情。糞づまった世の中をぶち破る魂の咆哮を聞け!

【富山の珍スポットライター、ピストン藤井】
-------------------------------------------------------------
■ChihanaとW.C.カラスというバランス。
2人のブルース。その苦さと甘さのバランス。
それを包み込むWILD-CHILLUNという「R&R Fantasy」の躍動!
いいじゃんこいつら。ブルースはロックは、いや音楽は、いや人間は、世界は、地球は……バランスだナ
そうバンドもな……な〜んちゃってな。Yeah!
Soul to Soul! ぶちかましてくれーい!
「Marvelous」なSound&Spiritを……yeah!

【2019.春.仲井戸”CHABO”麗市】
-------------------------------------------------------------
■ワイチル止めるな!

インディーズなめんなよ!

【『カメラを止めるな!』録音技師 日本アカデミー賞優秀録音賞受賞者 古茂田耕吉】
-------------------------------------------------------------
■驚いた。ギター・ロックである。

どっしりしたドラムとベースに、アルデンテ風味に歪んだギター二台のリフが土台を作り、カラス氏の突き進む様なVoとChihanaさんの軽やかなVo、そしてギターソロが景色を作っていく。

「飯炊き男のブルース」や「軍手の煮浸し」でカラス氏を知った方は驚くだろう。私も驚いた。

だが、ギター・ロックのアルバムをちゃんと聞くのは20年ぶり、いや30年ぶりだが、そんな私にも無茶苦茶判り易いアルバムだ。小難しいことは何も無い。これは音楽の形式がどうあれ、カラス氏という人の根底が「ポップ」である、ということを表している様に思う。残念なのは、「アスファルト」で、そうか、こういう曲だったのか、以前、この曲で共演させて頂いたが、もしその時にこれを聞いてたらもう少しうまく出来たと思うのだが。

【吾妻光良(吾妻光良 & The Swinging Boppers)】

"WILD CHLLUN"ファーストアルバムリリース記念ライヴツアー

5月10日(金)富山 音楽酒家 村門

http://murakado.jp/

076-421-7751
富山市上本町6−1 3F


5月11日(土)名古屋バレンタインドライヴ

http://valentinedrive.com/

052-733-3365

名古屋市千種区今池1-9-3 西今池ビルB1F


5月12日(日)京都ウーララ

TAMU&YUDA

3000/3500(+1D 600円)

OPEN 6:00 START 7:00

http://www.ooh-la-la.jp/

075-925-8121

阪急西院駅、地下鉄東西線西大路御池


5月17日(金) 高円寺 JIROKICHI WILD CHILLUN マンスリーライヴ 
guest:KOTEZ

http://jirokichi.net/
03-3339-2727

 

6月7日(金) 大阪 music bar S.O.Ra.

OPEN 18:30 / START 19:30

ADV ¥3,500(1D別) / DAY ¥4,000(1D別)  指定席

http://www.joyful-noise.net/sora/index.html

06-6644-9292

 

6月8日(土) 岡山 DESPERADO

O.A: 宅嶋淳 / and more...

OPEN 19:00 / START 19:30

前売 3,000円 当日 3,500円(税込/d別)

※ チケット発売・・・4/6~ (イープラス・店頭)

http://www.desperado-okayama.com/
岡山市北区表町3丁目11-105

086-225-5044

 

6月9日(日) 博多 public bar Bassic.

共演:The Blues One Nights
https://www.bassic.jp/

福岡市中央区天神3-4-19 WITH天神5F 

092-713-1040

 

6月15日(土)高円寺 JIROKICHI WILD CHILLUN マンスリーライヴ  

Guest リクオ

 

http://jirokichi.net/
03-3339-2727

カラスの夜啼き

W.C.カラスはブルース歌手のイメージが強いようだが、実際は枠に収まり落ち着くのを好まず、常々新しい方向性を模索している。ファースト・アルバムはカラス流ロックンロールを標榜したものだ。


渾身のアルバム・リード曲「Rock & Roll Fantasy 」は、狂的に始まりやさしいブリティッシュロック風味のBメロからカントリーフレイバーのあるギターソロそしてスライドギター、最後はオルタナソウルへと。

カラスの全力シャウトでバンドの得意技をぶちこんでいる。

歌詞の世界観も、カラスの美意識を強く押し出したものとなっている。

オルタナ色を意識的に加えてあるが、全体をみればロックンロールアルバムだ。
強いサウンドの中にもペーソスが必ず含まれており、カラスのこれまでのソングライティングのやり方は踏襲されている。

またバンドの特徴としてChihanaの女声コーラスを強く押し出しポップ味を加えてある。


最後、Chihanaの「Marvelous」はカラスとのコーラスも実に美しく感動的なfinishとなった。


インディペンデントであっても斬新で真に良いものを創れば何かが巻き起こると信じ、時間と手間をかけ全身全霊を傾けて制作したアルバムである。


メールください

遠方でも悦んで飛んでいきます!気軽に声をかけてください。ライヴの感想なども歓迎です。問い合わせフォームからどうぞ。

またはw.c.karasu%gmail.com
(%を@に変えて送信してください)

Twitter

W.C.カラスの
駄々漏れBlues アワー


2016年4月から

毎週放送! 


FMとなみ 火曜19:30(土曜14:00、日曜21:00)


中央エフエム  木曜21:00 (土曜20:00)


富山City-FM  月曜11:30 (再・日曜11:30)

ラジオミュー 土曜21:30

 

Facebook